RAW FOOD

IMG_5505.jpg 


ローフードは生、もしくは48℃以下で調理された食べ物のこと。
自然の食材を生のまま丸ごといただきます。

なぜ生がいいのか、というと
生の食材には「酵素」が含まれているから。

酵素は人が生きていく全ての活動に関わっていて
歩くのも、考えるのも、呼吸するのも、眠るのも、代謝するのも
酵素がなくてはできません。
そして加熱されたものには酵素は働いていません。

でも酵素を含む食品を食べたからといって
その酵素が体内で酵素として働くわけではないのです。

人の体内には消化酵素と代謝酵素があって
加熱食や加工品ばかりを食べていると、
消化酵素をたくさん使わなくてはいけなくて
代謝に使う酵素が少なくなってしまいます。
反対に酵素を含んだ食品を食べると
消化酵素をあまり使わず、代謝が促進されます。

代謝が悪い状態が続くと、
からだに毒素がたまり、疲労感、体調不良、肥満、病気、、、
いいことないですよね。

新陳代謝は簡単に言えば細胞の生まれ変わりの活動のこと。
それが活発に行われていれば細胞の質が高まって
からだの隅々まで栄養が行き届くので肌や髪の質も良くなり、
余分なものを溜めこみにくくなるので
痩せやすいからだへと変わるのです!
そして朝の目覚めもすっきりし、集中力も高まります!

からだもこころもキレイになれる。
アンチエイジング効果もある。

ローフードってすごい!

関連記事
スポンサーサイト