ローフードで冷え性改善

スムージーとローフードのレッスンをしました。

IMG_7863.jpg
 

秋も深まり肌寒くなってきましたね。
寒くなってくると生野菜を敬遠してしまいがちですが
冷える季節こそローフードです!

冷え症の対策として温かいものを食べたりからだを温めたりしますが
これは一時的な改善で、ずっと続けていると
からだが自分で熱を作らなくなり冷えが慢性化してしまうそうです。

では冷えの根本的な原因はなんでしょうかー。

ひとのからだには毛細血管がはりめぐらされています。
地球2周分の長さがあって、細さは髪の毛の1/14ほどなんだそうです。

その毛細血管が細くなっていたり血液がドロドロしていれば
血流が悪くなり熱を手足の先まで運ぶことができず冷えがおこります。

生の野菜には良質な水分がたっぷり含まれているので
血液をサラサラにして熱を運びやすくしてくれます。

また代謝に必要な栄養素のビタミン、ミネラルも豊富に含まれています。

それに消化に時間のかかるものを食べると
からだのエネルギーが消化に集中して血流が胃や腸に集まるので
手足は冷えやすくなってしまいます。

消化のよい生野菜はその意味でも冷えが改善されやすくなります。

IMG_7847.jpg 

今日のレッスンに参加していただいた方も冷えに悩まされていて
重ね履き靴下を愛用されていました。
とても温まっていいそうです。
わたしはお洗濯が面倒で続きませんでしたが…^^;

家でしかはけないと思いこんでいたのですが
少し大き目の靴を用意して外出にも素敵にはいていらっしゃって
目からうろこでした!

ローフードでも血行がよくなって、代謝も上がるので
冷えの改善が期待できます。

食事の後によく冷えるとおっしゃっていたので
やはり消化に負担がかかり血流が悪くなってしまうのかもしれません。

野菜は冷蔵から出したてではなく常温のものをつかうこと。
よく噛んでたべること。
季節の野菜を食べること。

を心がけて寒い季節もローフードを取り入れてみてくださいね。

ご参加いただきどうもありがとうございました!

関連記事
スポンサーサイト