グルテンを控える理由

IMG_7426.jpg  

グルテンを控えています。
といっても以前はパンやスコーンばかり食べていて
異常に摂り過ぎていたので、普通になっただけかもしれません^^;

グルテンは美容と健康の大敵とは知らず
お米はほとんど食べずに主食にパンを食べ、おやつにスコーンを食べ
といった食生活でした。今から思うとひどいですね・・・。

小麦に水を加えてこねると粘りが出て弾力のある生地になります。
それがグルテンの働き。
パンだけじゃなく、焼き菓子、パスタ、うどん、餃子の皮など
グルテンの入った食品はたくさんあります。

グルテンは脳内で麻薬のような働きをして中毒性があるといわれています。
そう言われればパンを食べているとやめられなくなってしまいますよね。

血糖値を一気に上昇させたり、
アンチエイジングの大敵である糖化を促進させたりしますし
集中力の低下や無気力感、うつ傾向もグルテンの過剰摂取が原因になるそうです。

グルテンフリーは腸に炎症がおき、ひどい人は腸に穴があいてしまう
「セリアック病」の人のための食事法でしたが、
そこまでではなくてもグルテンの摂り過ぎで体調不良がおこる
「グルテン過敏症」の人が増えているそうです。

その症状は腹部の膨満感、消化不良、肌荒れ、月経前症候群、生理不順、
ぜんそく、片頭痛、関節炎、肩こり、寝つきが悪いなど。
これらはグルテンを控えることで改善されます。

カロリーも制限されるので体重も減少し、集中力もアップします。

IMG_7404.jpg 

もともとパン好きなので、一切排除することは難しいですが
普段あまりグルテンを摂っていないとたまに食べた時の
反応がはっきりわかります。

パンを食べた後、胃が重くまるで粘りのある膜が腸壁にっくっついて
いるようなイメージ。からだがだるくて動きたくなります。
そして強烈な眠気が襲ってきます。

小麦が主食な欧米ではグルテンフリーの食品がたくさん
ありますが、日本ではまだまだ。

写真のパンは新潟にあるタイナイさんの米粉パン。
こちらの米粉パンや玄米パンはグルテン不使用で
トーストするともっちりして美味しい!
小麦のパンと差はありません。

ただこれは県外で友人が買ってきてくれたもの。
近くで買えたらいいのになあ~
関連記事
スポンサーサイト