ナチュラルハイジーンとローフード



ローフード3回コースの2回目のレッスンをしました。

今回はナチュラルハイジーンの体内リズムについてお話しました。
ナチュラルハイジーンは19世紀のアメリカで医師や牧師によって
系統づけられた健康理論。

一日を体の機能により3つにの時間帯に分け、
その体内リズムにそって食べることが大切だとしています。

わたしたちは毎日、
食べ物を摂り入れ(補給)
その食べ物の一部を吸収し(同化)
使わない部分を捨てる(排泄)
という作業を繰り返しています。

それぞれが活発に行われる時間帯に食べることでしっかり排泄のサイクルを
作ることが重要です。

排泄の時間は朝、午前4時から正午まで。
この時間は消化に負担のかかるものは摂らず、からだの老廃物の排泄を促します。
朝食にはグリーンスムージーが最適です。

ナチュラルハイジーンをわかりやすくまとめた本が「FIT FOR LIFE」です。

先回の1回目のレッスンの後、その日のうちにこの本を購入されたとのこと。
次の日早速ナチュハイのサイクルをしてみて、重いと感じていた体の無駄のものが
楽に落ちて行っている感じがしたそうです。

前日にレッスンでしっかりローフードを摂っていたので
すぐに効果が感じられたのかもしれませんね。

わたしもレッスンでロー率の高い食事で過ごした次の日は
からだも気分も軽くなります。

それにしても毎回きちんと実践し体の反応にもとても敏感で
本当によく自分の体のことを見つめていらっしゃって感心させられます!

多種多様な健康法や食べ方がありますが、どの方法が体の不調を取り除き、
心地よくいられるかは自分の体で感じるしかないですから。

これからどう変わっていかれるか楽しみですね^^

ご参加いただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト